FC2ブログ

自転車++

趣味な日々・・・気まぐれ日記を

今日は師匠とサイクリング

3月1日(土曜日)。今日はクロスバイクの師匠とサイクリング。雑誌に載っていたコースをたどることにしました。当日の天気は晴れ、風はほとんどなし。気温13度の予報。
で、待ち合わせはちょうど中間点とおぼしき世田谷区「次大夫堀公園」9:30。着いてみると着信メールが・・・「パンクしたので少し遅れます」・・・師匠でもパンクするんだぁ。
次大夫堀公園
自転車を駐輪場に停め、近くのマクドで待つこと30分。師匠がやってきました。聞くところでは昨日は前輪、今朝は後輪のパンクだったそうで、チューブ交換の経験がない私だったら、中止になるところでした。
野川CR
私が先行で野川沿いに西進。住宅街の中の遊歩道なのであまりスピードは出せません。でもウォーカーがいるときは対岸へコースを変えながら進めるので助かります。桜が咲くころはきっといいお花見スポットかも。
とおもいつつ「深大寺」に到着。
深大寺
もちろん「交通安全」を祈願しました。門前には30軒あまりのそば屋があります。少し早いけど折角きたので・・・師匠は「舞茸せいろ」私は「山菜そば」をいただきました。
深大寺から程近い「調布飛行場」へ。私が多摩川往復の途中立ち寄るところです。隣接する「武蔵野の森公園」には戦時の首都防衛の基地だった面影がありました。「掩体壕(えんたいごう)」と呼ばれる半地下の格納庫跡があり、「飛燕」などが入っていたそうです。
この公園には小さな丘があり、滑走路が一望できます。あいにく定期便の離発着時間ではなかったのですが、時間が合えば双発機の爆音に遭遇できます。近くにはカフェがあり、休日は家族連れで大変な賑わいです。
調布飛行場
飛行場からは再び野川沿いに走ります。すぐに「野川公園」に入り、園内のルートをたどります。さらに西進し、東京経済大学下から市街地を抜けると「国分寺跡」の史跡にたどり着きます。広場に大きな石が整然とならんでいるだけで、言われなくては史跡とは分かりません。でも大昔に遠足で来たようなかすかな記憶がよみがえります。近所ではまだ発掘調査が進んでいました。
とりあえず住所表示を記録。
国分寺跡
ここからは府中街道を南下。府中刑務所脇をとおり、甲州街道手前の路地を右に入ると、そこには「下河原線広場公園」があります。その昔多摩川の砂利を国分寺駅まで運んでいた路線ですが、武蔵野線が開通したあとは廃線となり、ここにその線路が残されています。
下河原線広場
(写真後方の)甲州街道を越えると、「下河原緑道」が始まります。住宅街と畑を縫って南下するルートです。京王線を跨ぎ、中央高速をくぐり、郷土の森に沿うように延々と続きます。
下川原緑道
緑道の最終は「中河原駅」付近で、ここから関戸橋へ。
途中で師匠からバナナをご馳走になります。エネルギー補給には最適です。腹に溜まらなくてカロリーは十分でしょう。
関戸橋から多摩川サイクリングロードへ。ここからは師匠が先導です。これが「早っ!」。27~30km/hでの走行に。「前方のロードさんがいいペースだったので」というものの、いつもなら23・4km/hの私にとっては続きません!必死に漕いでなんとか追走。是政橋、稲城大橋、多摩川原橋、京王相模原線をくぐってやっと小休止させてくれました。ちょうどバナナ分を消費したようです(そのための補給か?)。
そのあとは更に下流の舗装が終わる「多摩住宅」付近まで行き、ここで今日のツーリングを終えることに。
師匠!今日はトラブルスタートにも関わらず、お付き合いいただき、ありがとうございました。もう少し修行して、遅れないようにしたいです。ここまでは平均19km/h超でした。
多摩川原橋
分かれてから多摩川原橋まで戻り(向かい風がきつかった)、一路北上して帰宅。
本日の走行:68.5km (自転車購入から400kmを超えました)
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/03/07(金) 13:55:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<梅干し作ろ | ホーム | 花粉から目を守る・90%の防御方法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://syumings.blog82.fc2.com/tb.php/7-762f1af6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご来訪者

現在閲覧中

管理人

自転車++

Mr. 自転車++
自転車、バンド、旅行、写真・・・楽しみ多き(半端ですが)高齢者(初級)のお父さん。練馬区南西部在住。自転車は多摩川と荒川をメインに、自走範囲内でがんばってます。自転車旅が夢。

最近の日記

最近のコメント

月別の日記

ご紹介リンク