FC2ブログ

自転車++

趣味な日々・・・気まぐれ日記を

武蔵水路

7月12日7時に出発。目指すは利根川から荒川に水を分流している「武蔵水路」。
首都圏への水道水を補うためにできた水路で、昭和40年に完成したそうです。

いつものように自宅から秋が瀬公園へ。そして荒サイを北上します。途中「ホンダエアポート」に立ち寄ります。人力飛行機を組みたてている集団が。もしかしたら「鳥人間コンテスト」に出場かも。奥のほうには「docomo」印の飛行船も係留されています。
DSCF1547.jpg
ここはまったく日陰がないので、暑い日は休憩場所としては適しません。
さらに進んで、吉見運動公園から「糠田橋」を渡ります。この橋の中間点で、武蔵水路の出口(荒川合流)が見て取れます。写真の右上からが武蔵水路。左上からが荒川です。赤いのはなぜか消防車です。
DSCF1549.jpg
ここまでおよそ55km。ここから荒川を離れます。思ったより水路は幅も広く、水量も多いようです。
DSCF1551.jpg
水路に沿っている道は結構交通量もあります。気をつけましょう。
水路には何箇所か「サイフォン」と呼ばれる地下道が設けられています。既存の川と交差する必要があって、水路側が地下をくぐるようになっているのです。川だけでなく、道路や鉄道の交差もしているようです。
練馬、熊谷共に35.6度を超えたとのこと、走行中は適度な風で放熱しているのですが、停車するととたんに汗が噴出してきます。熱中症にならないように水の補給はかかせません。
しばらく行くと、前方に堤防が見えてきました。利根川です。土手をあがると目前に取水堰と取水口がありました。(手前が武蔵水路の取水口)
DSCF1555.jpg
取水堰は「利根大堰」というそうです。堰には道路がありました。向こう側は「群馬県」ということで、一歩ではありますが「群馬県」を訪問です。
DSCF1557.jpg
地図を見ると利根川の少し上流に「グライダー滑空場」とあります。飛行場なら行ってみるべし。と堤防上を北上。この道も日陰はまったくなく、行きかう自転車もありません。で、いくら行っても飛行場らしき施設は見つかりません。川では水上スキーを楽しんでいます。涼しそうです。ほんと水に入りたいところです。
目の前で突然音もなく飛行機が舞い上がります。グライダーはエンジンもないし、草地からの離発着ですね。遠目にはわかりませんでした。
DSCF1561.jpg
この滑空場までは自宅から82km。ちょうど12時でした。
暑さもピークになり、とにかく日陰で休もうと復路に着きます。
東行田駅を超えたところで交通量の多い道を避けようと思ったら、思いっきり道に迷いました。気がつくと「さきたま古墳公園」に迷い込みました。この地「さきたま」が「埼玉」の名前の発祥の地だそうです。
DSCF1562.jpg
こんな古墳がいくつも集まった公園です。集めたわけじゃないと思うけど。
武蔵水路沿いには「さきたま緑道」が整備されていて、木立の中を自転車道と遊歩道があります。この日陰路は助かります。北鴻巣駅前のスーパーで水2リットルを追加購入。
なんとか荒川糠田橋まで戻ってきました。帰りはホンダエアポートはスルーし、榎本牧場へ立ち寄ることにしました。冷たいアイスクリームをいただくためです。前回と違う道をとりましたが、迷わず最短で到着です。おすすめミルクアイスをいただきます。
その後はひたすらペダリングですが、ついに治水橋を過ぎたとこでダウン。芝のグランドで(もちろん木陰で)大の字になってしまいました。15分くらい風を当て、水をかぶって体を冷まします。
功を奏したのか。回復し、無事秋が瀬公園~自宅(この間も20kmありますが)へ戻りました。

【Dst=163.97km Av=21.7km/h Mx=36.4km/h】 (水5リットル)


スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/13(日) 10:52:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日野用水堰 | ホーム | 耐熱トレーニング?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://syumings.blog82.fc2.com/tb.php/27-0246c058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご来訪者

現在閲覧中

管理人

自転車++

Mr. 自転車++
自転車、バンド、旅行、写真・・・楽しみ多き(半端ですが)高齢者(初級)のお父さん。練馬区南西部在住。自転車は多摩川と荒川をメインに、自走範囲内でがんばってます。自転車旅が夢。

最近の日記

最近のコメント

月別の日記

ご紹介リンク