FC2ブログ

自転車++

趣味な日々・・・気まぐれ日記を

夏休み青森旅行

9月になりました。少し遅い夏休みをもらって、家族旅行。
昨年は「瀬戸内国際芸術祭」でしたが、今年は青森です。

旅程は…羽田-三沢-十和田市-奥入瀬渓流-十和田湖-弘前-青森市-三沢-羽田

DSCF4208.jpg (写真をクリックすると大きくなります)
羽田空港までは自家用ノテで。7:55発の一番機です。バスでの搭乗。MD90の細長い機体でエコノミークラスは3+2列のレイアウト。何とか3人並んで着席できました。
約一時間のフライトで無事三沢空港に進入です。機窓から外をみると大勢の人。何事でしょう。
よく見るとブルーインパルスも整然と並んでいます。
なんということでしょう、今日は三沢の航空祭だったのです。
DSCF4209.jpg DSCF4210.jpg
気がつくとほぼ満席の乗客の多くは航空ファンの様子。いでたちで分かります。
知っていれば旅程に入れていたのに・・・と、事前の調査不足を悔やみます。

空港近くのレンタカー事務所では、編隊飛行の直下で会話も成り立ちません。ですが、凄まじい爆音にはついエキサイトしてしまいます。
市内へ向かう渋滞を尻目に、最初の訪問地は「寺山修二記念館」。空港から15分くらいです。
DSCF4211.jpg
学生時代にはよく名前を聞いていましたが、著書や映画には触れたことがありませんでした。

続いて十和田市へ移動です。
DSCF4221.jpg DSCF4222.jpg DSCF4242.jpg
「十和田市現代美術館」を訪れます。国内外の現代アートが展示されていて、新しい感覚の作品に触れることができました。美術館だけでなく、付近にも屋外展示があって、散策しながら楽しみました。
美術館のカフェでランチをいただき、一路十和田湖へ向かいます。

DSCF4251.jpg DSCF4261.jpg 
国道102号線(十和田道)をたどります。道路に沿うように(道路が追うように)奥入瀬川が見え隠れします。途中の見所(と思われるポイント)で車を停め、少し渓流を散策です。イオンと森林浴ができました。
40年前に来たときと同じ流れを見ることができました。
しばらく進むと、目前に大きな湖が現れます。今日のお宿は十和田湖畔休屋のホテルです。

DSCF4273.jpg DSCF4269.jpg DSCF4270.jpg 
朝食前に湖畔を歩き、高村光太郎作「乙女の像」を見学。あまりにも有名ですね。
近くの「十和田神社」に立ち寄って旅の安全祈願をします。
DSCF4279.jpg
少し遅いチェックアウト。湖を半周して、十和田道は弘前へ続きます。
弘前は初めてですが、桜で有名ですね。その弘前城へ直行です。
DSCF4293.jpg
桜はなくても、三層の天守閣はとても優雅な形をしていて、改めて日本の城郭のすばらしさを再発見しました。
弘前には明治期に立てられた洋館も多く残っていて、ここではレストランを営業していました。
DSCF4283.jpg DSCF4291.jpg
で、レトロなレストランでランチを頂きます。なんだかタイムスリップしたような気分。お料理も美味しく、満足。満足。
こちらは図書館だった建物だそうです。
DSCF4281.jpg

弘前からは国道7号線をたどります。写真はないのですが、このあたりではずっと岩木山を望むことができ、稲作地帯との風景はまたよくマッチしたものとなっていました。
ところどころの「道の駅」も楽しみになります。
夕方青森駅近くの航空会社系シティホテルにチェックインです。

青森1日めは、目的の「青森県立美術館」。ここでは開館5周年記念企画として「光を描く印象派展」が開催されていました。マネやモネ、ルノワールやセザンヌなどの作品を見ることができました。
ですが、お目当ては奈良美智の作品です。ほかに所蔵のシャガールや棟方志功もあって、充実◎。
DSCF4298.jpg DSCF4303.jpg
右は奈良さんの「あおもり犬」像です。高さが8メートル以上の圧巻。
美術館のすぐ隣に「三内丸山遺跡」があります。近いので寄ってみます(入場無料)。
DSCF4311.jpg

青森2日目は青森公立大学内にある「国際芸術センター」です。
この建物は建築家・安藤忠雄氏の手によるもので、建物をみるのも楽しいところです。
DSCF4325.jpg DSCF4323.jpg
ちょうど「再考現学」というタイトルで、3人の作家の作品が展示されています。また、敷地内にもいくつかの展示物があり、散策しながら楽しむことができました。

その後は青森名物の「味噌カレー牛乳ラーメン」を頂きます。郊外の「かわら」というお店で頂きました。
DSCF4328.jpg
文字通りの味のコラボ。バターも乗っていて、これもネーミングに入れればよいのにと思いました。
なんでも「味の札幌」創業者ののれん分け店だそうで、美味しくいただきました。

この後青森駅前の「わ・らっせ」というねぶた展示館を見学。なんでも今年のねぶた賞を獲得した作品とか。
制作には2ヶ月をかけ、一度限りの運行なのだそうです。
DSCF4316.jpg DSCF4321.jpg
駅前の「A・FACTORY」という青森物産のお店へ。シードルというりんごのお酒やお菓子、海産物などみんな持って帰りたくなる品々が並んでいました。

青森市を後に、一路4号線を三沢市へ。
帰路便まで時間があったので、三沢基地(三沢空港)に隣接した「航空科学館」を訪問。
DSCF4338.jpg
国産旅客機YS11の実物。太平洋を横断したミス・ビードル号などが展示。特別展として「ゼロ戦」がありましたが、映画のために作成した実物大モデルということ。以前米国チノというところの航空博物館で本物(飛行可能な)を見たことがあるので、ここではパス。
DSCF4332.jpg DSCF4334.jpg
なんと、フライトシュミレーターがあったので、娘を副操縦席に座らせて、羽田空港を離陸・着陸を体験。
少し曲がってしまいましたが、無事に帰還できました。

今回はずいぶん長くなってしまいましたが、今年の家族旅行でした。

スポンサーサイト



テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2011/09/11(日) 16:30:14|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<週末日記 | ホーム | 還暦記念ライド>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ご来訪者

現在閲覧中

管理人

自転車++

Mr. 自転車++
自転車、バンド、旅行、写真・・・楽しみ多き(半端ですが)高齢者(初級)のお父さん。練馬区南西部在住。自転車は多摩川と荒川をメインに、自走範囲内でがんばってます。自転車旅が夢。

最近の日記

最近のコメント

月別の日記

ご紹介リンク