FC2ブログ

自転車++

趣味な日々・・・気まぐれ日記を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2000km@荒サイ

三連休の最終日は朝からどんよりとした曇り空。でも涼しいくらいで一昨日よりはずいぶん楽そうです。午前中のつもりで出走。荒サイを目指します。TOKYOセンチュリーライドin荒川で走ったコースを秋が瀬から下流方向へ進路をとります。
秋が瀬から荒サイに入ってまもなく、積算計がジャスト「2000km」を表示。記念にカメラに収めます。
2000km.jpg
荒サイには途中いくつもの車止めがあるんですね。いくつもの道路と鉄道をくぐり、ゴルフ場やたくさんのサッカー場と野球グランドを横目に走ります。応援の父母たちもテントを張って応援しています。大変ですね。
そうこうしているうちに小松川の首都高速まで来ました。今日はここまで。秋が瀬からは約30kmです。
小松川
今日はエイドステーションがないので、持参したバナナと水で補給を繰り返しました。

【Dst=99.14km Av=22.0km/h Mx=36.5km/h】
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/21(月) 17:48:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日野用水堰

今日も朝から気温が上がってきています。
いつもの多摩サイ左岸ではなく川崎側の右岸を走ります。師匠に聞いたところではところどころ途切れているので迂回が多いとのこと。いつもの多摩川原橋を渡り、川崎側の多摩サイへ。
多摩サイ右岸
左岸にくらべて自転車もウォーカーもかなり少なめです。もっとも暑さのせいかも。ややもすると堤防から川原へ降りるところがあります。4つのヘアピンが連なる「いろは坂」です。
イロハ坂
是政橋の先で途切れているということで、橋をわたりいつもの多摩サイ左岸を関戸橋まで走ります。やはりこちらは交通量が多いです(熱くても)。関戸橋から右岸に戻ります。京王線をくぐり、府中四谷橋と快適に続いています。府中四谷橋の先で多摩川と浅川の合流点があります。
右岸路は浅川に沿って上がり、最初の新井橋(多摩モノレール下)を渡って反対側を合流点方向へ。日野高校、クリーンセンターを過ぎたところで、行き止まり!終点から戻りかけると雑木林の間に「抜け道」を発見。向こう側は多摩川です。ここからサイ路が復活。日野高校の裏側を多摩川に沿って登ります。石田大橋そばで休憩。
さらに中央高速、日野橋、立日橋を過ぎるとサイ路はJR中央線で途切れます。住宅街へ迂回し、ガードを見つけて中央線を越えます。再び多摩川堤防へ戻ると、けものみち状態のところへ、がんばっていくと再びサイ路が始まりました。ところがすぐに谷地川で途切れます。うろうろしながら土手に戻ったたら、今度は多摩大橋を横切らなくてはなりません。信号もなく、交通量も多く、なかなか渡ることができません。何とかしてぇ!
多摩大橋を越えると土手道は砂利道になります。で、八高線でまた途切れます。
行き止まりまで行ってみると、ガードをくぐる「けものみち」が。頭をぶつけそうなところで、足元は人一人が通れる幅、右は護岸の際ではずしたら滑り落ちそうなところです。降車してソロソロとガードをくぐります。
八高線ガード
八高線を過ぎるともう「日野用水堰」が見えてきます。涼しげな水音がして、釣りをしている人も。
日野大堰
ここで一服して引き返しです。八高線は避けたく、住宅街へ入って多摩大橋のたもとまで戻ります。コンビにでカキ氷をいただき、内部をクールダウン。中央線まで住宅街を抜けることに。途中の「成就院」というお寺に七福神のうちのお二人が立っていました。
二福神
中央線を越えてからは往路をトレースします。途中関戸橋から左岸をたどり、稲城大橋でEXIT。調布の飛行場で休みます。今日はクリートの調子がおかしいと思ったら、なんとネジが緩んでました。これじゃひねっても外れにくかった訳だぁ。危険!
自宅近くまで戻り、善福寺公園に立ち寄って木陰で休ませていただきました。善福寺公園

【Dst=81.64km Av=20.6km/h Mx=36.1km/h】

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/20(日) 10:25:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

武蔵水路

7月12日7時に出発。目指すは利根川から荒川に水を分流している「武蔵水路」。
首都圏への水道水を補うためにできた水路で、昭和40年に完成したそうです。

いつものように自宅から秋が瀬公園へ。そして荒サイを北上します。途中「ホンダエアポート」に立ち寄ります。人力飛行機を組みたてている集団が。もしかしたら「鳥人間コンテスト」に出場かも。奥のほうには「docomo」印の飛行船も係留されています。
DSCF1547.jpg
ここはまったく日陰がないので、暑い日は休憩場所としては適しません。
さらに進んで、吉見運動公園から「糠田橋」を渡ります。この橋の中間点で、武蔵水路の出口(荒川合流)が見て取れます。写真の右上からが武蔵水路。左上からが荒川です。赤いのはなぜか消防車です。
DSCF1549.jpg
ここまでおよそ55km。ここから荒川を離れます。思ったより水路は幅も広く、水量も多いようです。
DSCF1551.jpg
水路に沿っている道は結構交通量もあります。気をつけましょう。
水路には何箇所か「サイフォン」と呼ばれる地下道が設けられています。既存の川と交差する必要があって、水路側が地下をくぐるようになっているのです。川だけでなく、道路や鉄道の交差もしているようです。
練馬、熊谷共に35.6度を超えたとのこと、走行中は適度な風で放熱しているのですが、停車するととたんに汗が噴出してきます。熱中症にならないように水の補給はかかせません。
しばらく行くと、前方に堤防が見えてきました。利根川です。土手をあがると目前に取水堰と取水口がありました。(手前が武蔵水路の取水口)
DSCF1555.jpg
取水堰は「利根大堰」というそうです。堰には道路がありました。向こう側は「群馬県」ということで、一歩ではありますが「群馬県」を訪問です。
DSCF1557.jpg
地図を見ると利根川の少し上流に「グライダー滑空場」とあります。飛行場なら行ってみるべし。と堤防上を北上。この道も日陰はまったくなく、行きかう自転車もありません。で、いくら行っても飛行場らしき施設は見つかりません。川では水上スキーを楽しんでいます。涼しそうです。ほんと水に入りたいところです。
目の前で突然音もなく飛行機が舞い上がります。グライダーはエンジンもないし、草地からの離発着ですね。遠目にはわかりませんでした。
DSCF1561.jpg
この滑空場までは自宅から82km。ちょうど12時でした。
暑さもピークになり、とにかく日陰で休もうと復路に着きます。
東行田駅を超えたところで交通量の多い道を避けようと思ったら、思いっきり道に迷いました。気がつくと「さきたま古墳公園」に迷い込みました。この地「さきたま」が「埼玉」の名前の発祥の地だそうです。
DSCF1562.jpg
こんな古墳がいくつも集まった公園です。集めたわけじゃないと思うけど。
武蔵水路沿いには「さきたま緑道」が整備されていて、木立の中を自転車道と遊歩道があります。この日陰路は助かります。北鴻巣駅前のスーパーで水2リットルを追加購入。
なんとか荒川糠田橋まで戻ってきました。帰りはホンダエアポートはスルーし、榎本牧場へ立ち寄ることにしました。冷たいアイスクリームをいただくためです。前回と違う道をとりましたが、迷わず最短で到着です。おすすめミルクアイスをいただきます。
その後はひたすらペダリングですが、ついに治水橋を過ぎたとこでダウン。芝のグランドで(もちろん木陰で)大の字になってしまいました。15分くらい風を当て、水をかぶって体を冷まします。
功を奏したのか。回復し、無事秋が瀬公園~自宅(この間も20kmありますが)へ戻りました。

【Dst=163.97km Av=21.7km/h Mx=36.4km/h】 (水5リットル)


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/13(日) 10:52:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

耐熱トレーニング?

今日は梅雨の晴れ間。真夏日といってもいいくらいの気温です。そう。耐熱トレーニングにはもってこいの日和。適度な坂もある(だろう)多摩丘陵へ向かいます。
矢野口から府中町田線(都道尾根幹線道路)へ。「尾根」というくらいですからアップダウンが次々に待っています。
どう間違えたか途中で多摩センター駅へ下りてしまいます。気がついてまた一気下りした道をヒイヒイ上りました。汗はすぐ乾いてしまいますが、水の補給は欠かせません。
やっとの思いで「南大沢駅」へ。駅の周りにはたくさんのショッピングモールがあって、大変な都会です。パチンコ屋さんには長蛇の列が・・・。
南大沢駅
どこかで早お昼かと思いましたが、駐輪場が見つからず断念。
多摩ニュータウン通りを復路とします。こちらは平坦で交通量もそんなにないので走りやすい道です。途中松が谷トンネル付近でお蕎麦屋さんを発見。腹ごしらえします。
おおもり
ふつうの「おおもり」を注文。待っている間、噴出す汗は止まりません(止まるとでてきます)。
途中から「鎌倉街道」になってました。関戸橋から多摩サイに入り稲城大橋下のベンチまで走ります。クリートは快調。ベンチそばのジャンプ遊具にハトが並んでおりました。
多摩はと0
まあ暑いことは確かですが、走行中は汗が適度に蒸発して、気化熱をとるのか、そんなに「汗かいた」って感じがしません。でも汗が出ないようでは危険なので、そこは気をつける必要ありですね。

【Dst=68.25km Av=19.8km/h Max=44.5km/h】

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/07(月) 18:05:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅干し作ろ(2)

庭の梅も実をたくさんつけました。
だいぶまとまって採果できたので、いよいよ漬け込むことに。
梅の実も場所によって育ちかたがちがうので、一度に同じ状態のものが採れません。
木の高いところにあるのは落ちてくるのを待ちます。
落ちて割れてしまうのもあるので、実際には1/2くらいでしょうか。来年はネットを張って落ちても割れないように工夫しましょう)
うめ-1
カゴに入れて少し成熟を待ちます。
今回は写真のカゴ3個分くらい(約3キロ)くらいの収穫です。これをよく洗って15%くらいの粗塩でひとつずつ丹念にまぶして漬け込みます。
梅-2
私は手を抜いてビニール袋に梅の実と塩を適当な目分量で入れ、袋を揉んで塩を絡めます。
3日くらいで梅酢が出てきまして、これを100円ショップで買ったバケツに入れます。
梅-3
ここからは約1ヶ月のあいだ梅酢を適度に攪拌して塩分濃度を均一に保ちます。
このあと落ちてきた梅は追加して塩にまぶして放り込んでおきます。あんまり時期がずれると出来上がりが違ってくるのでせいぜい一週間くらいまででしょうか。
またご紹介しましょう。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/06(日) 14:06:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご来訪者

現在閲覧中

管理人

自転車++

Mr. 自転車++
自転車、バンド、旅行、写真・・・楽しみ多き(半端ですが)高齢者(初級)のお父さん。練馬区南西部在住。自転車は多摩川と荒川をメインに、自走範囲内でがんばってます。自転車旅が夢。

最近の日記

最近のコメント

月別の日記

ご紹介リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。